プロモーショナルセキュリティー

「浮遊感のある展示空間」

2013年4月に“うめきた・グランフロント大阪”が開店。 そこにドコモの「関西のブランド発信拠点」として位置づける旗艦店ができました。 展示空間を一望すると、什器の下部のミラー素材が床面を投射し、あたかも什器自体が浮いているような効果をつくりだしています。 その什器からは、余分なものは何も見えず、デモ機だけが浮遊しているようにみえます。 これは、展示台上に傾斜をつけ、レベルを落とすことで実現しました。

また、デモ機に吸い寄せられるように展示台に近づくと、レベルを落とした箇所に商品情報が配置されています。 情報はすべてデジタルサイネージ化されており、商品の情報が集約されています。 見たい情報だけをピックアップして見ることができ、展示をさらにスマートにしています。 お客様に必要な情報だけを段階を踏んで発信していくことで、明確かつ魅力的に商品への誘導を実現しています。

  • 什器が浮いてる効果をミラー素材で実現 什器が浮いてる効果をミラー素材で実現。
  • 傾斜のついたトップが、商品だけが目立つ展示 傾斜のついたトップが、商品をよりひきたてる。
  • デジタルサイネージで商品見たい情報を閲覧 デジタルサイネージで見たい情報を閲覧。
  • レッドとホワイトの2カラーを基調 壁面でのデモ機展示も効果的に表現。
関連製品
S1000スタンダードS1000スタンダード
S1000パワーパックS1000パワーパック
S1000インパクトS1000インパクト
ソフトベンディングフックソフトベンディングフック
他の実績事例をみる

Page Top